ペット保険とは何か

自動車保険、生命保険、火災保険など、保険には多くの種類があります。いまは犬や猫を対象にしたペット保険が登場しており、家族の一員であるペットのため、加入している飼い主の方が大勢います。

このペット保険ですが、どういう補償があるのか、いままで存在を知らなかった人の中には疑問に感じる人もいることでしょう。基本的には人間の生命保険や医療保険と同じようなもので、病気やケガによりペットが治療や入院をした際に、費用の一部を保険会社が出してくれる仕組みになっています。通院、入院、手術のほか、ペット賠償責任特約を付加することが可能な商品もありますし、葬祭保険金がおりる保険商品もあります。どういう補償があるか、内容は各社で異なりますので、加入を検討する際には保険料や割引だけでなく、補償内容をよく比較することが大切です。

また、ペット保険といわれると、パッと思い浮かぶのは犬や猫にかける保険ということではないでしょうか。実際、犬や猫が対象になっているペット保険は多いですが、鳥類や爬虫類が対象になっているペット保険もあります。自分が飼っているペットは無理だろうと決め付けるのではなく、加入することが可能な保険商品はないか、保険に加入する必要があると感じる人は、探してみることをおすすめします。

当サイトでは、ペット保険の選び方をほかのページに掲載しています。また、ペット保険に加入する必要がない人に関しても別のページで説明していますので、ペットを飼っている、今後ペットを飼おうと思っている人で、保険に興味がある人はぜひご一読ください。

投稿者について

運営者